徐々に回復していたシャチ、ティリクムが突然亡くなる アメリカ シーワールド

スポンサーリンク

※画像、シャチのティリクム:seaworldcaresより

2017年1月6日、アメリカ、フロリダ州オーランドのシーワールドのシャチ、ティリクムが以前からの病気のため亡くなりました。

シーワールドの発表によると、6日早朝、ティリクムは24時間付き添いのトレーナー、介護スタッフ、獣医に見守られながらの最期だったとのことです。推定年齢36歳でした。

死因については、検死が終わっていないため公式的な発表ではないですが、自然界の海と土壌で見つかるバクテリアが原因と思われる細菌性の肺感染症ということです。

ティリクムは、元々野生で25年前(1992年)カナダにあるシーランドからアメリカのシーワールドにやって来ました。1991年、1999年、2010年とトレーナーや一般人の死亡事故に関わったとされ、2013年のドキュメンタリー映画「ブラックフィッシュ」、「Blackfish」の内容にもなったシャチでした。

※参考:seaworldcares

※2017/01/06 に公開、SeaWorld® Parks & Entertainmentより、ティリクムが元気だった頃、シーワールド発表の映像

■ティリクム死亡について伝えるシーワールドのツイッター発表↓

※関連記事:シャチのティリクム 気力と食欲が改善の方向へ シーワールドがHPで2016年3月19日に発表
※関連記事:ティリクムのその後の容体について シーワールド発表 2016年4月18日

※関連記事:ティリクム日々回復傾向へ 最新映像 シーワールド発表
※関連記事:ティリクムについて トレーナーにインタビュー シーワールドHPより

※関連記事:ティリクムがショーに出た! アメリカ シーワールド

スポンサーリンク
関連

『徐々に回復していたシャチ、ティリクムが突然亡くなる アメリカ シーワールド』へのコメント

  1. 名前:Chrinstine 投稿日:2017/02/06(月) 11:55:50 ID:ebc5b9201 返信

    You’ve made some really good points there. I checked on the
    internet to find out more about the issue and found most people will go
    along with your views on this web site.